​黒髪

黒髪の 結ぼれたる 思いをば 解けて寝た夜の 枕とて 独り寝る夜の仇枕 

袖は片敷く妻じゃと云うて愚痴な女子の心も知らず 

しんと更けたる鐘の声昨夜の夢の今朝覚めて 

床し懐かしやるせなや積もると知らで 積もる白雪