​鶴の声

軒の雨  立ち寄るかげは難波津や 蘆ふく宿の しめやかに

語り明かせし 可愛とは 嘘か誠か  その言の葉に 

鶴の一声 幾千代までも 末は互いの共白髪