おちや乳人での地唄舞の仕草

寝かしつけそおっと離れる母心
寝かしつけそおっと離れる母心
press to zoom
子供の年を数えています
子供の年を数えています
press to zoom
可愛や可愛やと手拍子
可愛や可愛やと手拍子
press to zoom
寝ている子のことを思ったり
寝ている子のことを思ったり
press to zoom
姫のお婿さんになる殿の裃を表しています
姫のお婿さんになる殿の裃を表しています
press to zoom
隠れ方に女性の愛を感じるような
隠れ方に女性の愛を感じるような
press to zoom
離れがたいという強い感情。誰から?
離れがたいという強い感情。誰から?
press to zoom
子供を舟に乗せて漕いでいる(空想)
子供を舟に乗せて漕いでいる(空想)
press to zoom
踊り子の話をするうちに自分が夢中になって踊ります
踊り子の話をするうちに自分が夢中になって踊ります
press to zoom
 昨年(2017年)11月に国立劇場の花崎会で舞わせて頂きました演目「おちや乳人(めのと)」は、地唄舞にしては珍しく所作が振りになっていて、その表し方に大変苦労を致しました。
役柄は、誠に高貴な位の高いお殿様の姫を乳母として育てている女性が重責を負いながら子供(姫)をあやし寝かしつけ、それでも当時の乳母ですからまだ20代後半ぐらいの若い女性なのです。寝かしつけた姫を連れ出し下向(ローマの休日の乳母・姫バージョン)召されることを考え、寝ている姫に話し掛けたりしているのですが、自分が夢中になって踊り子の格好をしたり、吉野の山に行ったりお参り旅行に行ってみたり、でも最後は乳母の顔に戻りこの姫を守っていく、という意思を表現します。
地唄舞は顔で内面を表すことはタブーで、かと言って体で表すにも位の高い役柄なのでなよなよしてはならず、まっすぐ前を向いて凛としてそれでいて情感を表すことは、下賤の代表のような私には至難の業。それでも20年近く舞いたい気持ちを封印してきた演目なので、得るものは大きかったです。
さて、その仕草について「あれは何をやっているところでしたか?」というご質問を何人かから頂き、自分の表現の未熟さにがっかり致しましたので、このページを借りまして曲の流れにそってご案内申し上げます。
尚、お流派によって振りは異なります。下記は私共花崎流のものです。